中高年の切実な悩み…それは頻尿対策?

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

「頻尿」。

このキーワードを聞いてピンと来たあなたは、きっと50代以上の男性ではないのでしょうか?

 

じつは私も、40代前半までは「頻尿」なんて言葉はまったく自分には無関係だと思っていました。でも50歳半ばを向かえた今、「頻尿」は我々世代には切ってもれ切れないトラブルだと実感しています…。

 

この『尿問題』ですが、たしかに厄介です。私も40代の頃には、まさか自分にこんな衰えが来るとは思ってもみませんでした。…でも、それはある日、突然来たのです。

 

具体的には、まず就寝前にトイレに行ってから寝ていたのですが、ある時期から午前3時くらいになると尿意をもよおして目が覚めるようになりました。最初は気にもならなかったのですが、これが連続して続くので「何かが違うぞ?」と思ったものです。
また、とにかく日常生活でトイレに行きたくなるケースが多くなりました。長時間の車の運転や映画館いる時などは最悪です。さっきトイレに行ったはずなのに、すぐにトイレに行きたくなります。

 

でも、救いだったのが、この中高年における『尿問題』が私だけではなかったことです。
いろいろと調べて見ると、こうしたトラブルを抱えている同年代はとても多く存在していたのです!

頻尿対策の前に頻尿ってどんな症状?どれくらいの症状で病気と言えるの?

ではその人数はどれくらいなのでしょうか?
調べて見ると、現在、日本に頻尿で悩んでいる中高年は、なんと810万人!
頻尿は特別な病気でもなんでもなく、中高年になれば必ず遭遇する病気なのです。

 

では、そもそも頻尿の診断基準はどのようになっているのでしょうか?
調べてみると基準が存在しました。

 

頻尿=1日に8回以上の排尿がみられる状態

 

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

そうなんです。頻尿と診断される人は、1日の平均的な排尿回数は日中に5回、夜間に0〜1回トイレに行く人とされているのです。

ただ、排尿回数が8回以下である場合にも、「何度もトイレに行きたくなる、トイレが近い」と感じ始めたら頻尿の疑いがあるので、診断基準が全てというわけではありません。
また、頻尿の人の場合、1回の排尿量が少ないことが多いのですが、排尿量が多い時は多尿などの病気である可能性もあります。これ以外にも、頻尿になる原因は数種類ほど存在しているのです。

 

でも、ご安心ください。頻尿は加齢により膀胱や腎臓、前立腺などの機能が低下することで避けることができない場合もありますが、早めの段階で予防や治療を行うことで改善が可能だからです。ただし、ごく稀に、頻尿は大きな病気のサインを体が出している場合があります。このサインは決して見逃したくありませんよね。

 

というわけで、当サイトではそのような問題を見逃さないため、そして悪化させないように、頻尿というのはどのような病気なのか?という基礎的な病態から対処法までを解説していこうと思います。

頻尿が起こる要因とは?こんな病気が潜んでいる!

頻尿が起こる要因は、加齢による膀胱や腎臓、前立腺などの機能が低下などもありますが、それ以外にもまれに疾患が裏に隠れていることがあります。
それらの疾患を下記にまとめていきますね。

 

@過活動膀胱(OAB)
膀胱に尿が少量溜まっただけで、排尿をしなければならないという反射が起こり、膀胱が収縮してしまうことをいいます。基本的には加齢が原因で起こり、主な症状は頻尿です。それ以外に、尿意切迫感(我慢できないような強い尿意が急にくること)と切迫性尿失禁(尿意を我慢できず、トイレ前に尿がでてしまうこと)の2種類があります。

 

A前立腺肥大症
前立腺が大きくなってしまい、肥大化した前立腺に尿道を圧迫されることで排尿障害を引き起こします。発症する原因はまだ解明されていないのですが、『ジヒドロテストステロン』が関係していことは間違いないとされているようです。主な症状は、残尿感、夜間頻尿などがあります。前立腺は男性にしかないため、女性はなりません。

 

B尿路感染(前立腺炎、膀胱炎など)
腎臓から尿管、そして膀胱を通り尿道口にいたる尿路に、細菌やウイルス、真菌などが感染することによって引き起こされます。男性の場合は、精巣上体や前立腺も尿路に含む場合があります。疾患としては、急性腎盂腎炎や膀胱炎、前立腺炎などがあります。症状は感染部位によって変わりますが、頻尿以外にも発熱、排尿痛、血尿などがみられることもあります。

 

C膀胱結石
膀胱に石状の硬い結晶ができる病気で、仕組みに関しては未だ解明されていません。ただ、結石は腎臓ででき尿道を通って膀胱に落ちてきます。そのため、尿路膀胱炎を併発しやすく、頻尿や排尿痛を伴います。3大激痛と呼ばれるのは尿道結石で、排尿と共に流れた結石のサイズが尿管よりも大きい場合、尿管に結石が詰まります。すると、排尿できなくなり、尿が逆流します。そうして尿がどんどん腎臓に溜まり膨らむことで激しい痛みが起こります。

 

D膀胱がん
膀胱がんの約90%が尿路上皮がんですが、扁平上皮がんや腺がんもごくまれにあります。頻度の高い症状は、肉眼的血尿(尿に混ざった血が視覚的に確認できる状態)です。頻尿や尿意切迫感、排尿時痛などの症状も出現する場合があります。膀胱炎と症状が似ていますが、抗生剤などでは治りにくいのが特徴です。

 

E心因性頻尿
心理的な要因により発生する頻尿で、トイレを意識すると尿意を感じ我慢できなかったり、心配や緊張などのストレスによるものです。膀胱や尿道などに特に問題はあるわけではないので、睡眠中などの気持ちの安らいでいる時は、症状がほとんど見られません。

 

以上のように、頻尿が起こる要因にはいろいろな理由は存在しますが、ここまで読んできた人は、自分も頻尿かもしれないと怖くなってきた人もいるかと思います。
そんな人は、必ず次の項目を続けてみてください。今まで説明をしたのは、重篤化した一例で、頻尿は加齢により起こる人がほとんどなのです!

頻尿は日本全国で4,500万人以上が悩んでいる病気。特別なことではありません!

1つ前の項目で怖い気持ちになってしまった人もいると思います。
でも、頻尿になるのはそんなの珍しいことではないのです。私もちゃんと調べるまで知らなかったのですが、まずは、下のグラフを見てみてください。

 

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

【出典:http://www.nippon-shinyaku.co.jp/healthy/hinyouki/middle_dysuria.html】

 

グラフにある通り、頻尿だけでなく、排尿の問題を抱えている人はこんなにもたくさんいるのです。
でも、この全員が先ほどの項目のような疾患を持っているわけではありません。しかし、加齢により必ずと言っていいほど起こるもので、60歳以上の約78%が上記グラフにあるような悩みを持っていると報告されているのです。

 

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

【出典:http://www.hinnyou.jp/nocturia/read.html】

 

そして図のように、年齢が高くなればなるほど、悩みを持つ人の割合は増えていく傾向にあります。夜間排尿が3回以上ある頻尿に関していうと、60代では男性:約18%、女性:約10%。80代になると男性:約57%、女性:約40%と、比較するとおおよそ4倍ほど増加しているのです。

 

私自身もこのような「尿トラブル」に頭を悩ませた一人でした。
とくに、症状が激しかったのは頻尿でした。正直、病院に行ったほうがいいのでは?と思ったことも何度もあります。でも、ちょっと待ってください。頻尿を正しく理解すれば、病院にかかることなく、緩和することは十分可能なのです。
その方法を次の項目で紹介しますね。

頻尿問題は、前立腺がキーワード!

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

頻尿や残尿感など、尿トラブルに関する悩みは多くの男性が抱えているのはこれまでも紹介してきた通りです。

ではなぜ、そのような症状が体に現れてくるのでしょうか?
その理由を説明するには、まず、「前立腺」について知ってもらう必要があります。

 

前立腺は男性にしかない生殖器の1つで、クルミ大ほどのサイズがあり、膀胱のすぐ下にあります。肛門から指を5pほど入れて、お腹側をなぞった時、直腸の壁越しに触れるのが前立腺です。

 

前立腺の主な役割は、「前立腺液を分泌」することです。
前立腺液は、粘り気のある乳白色の液体で、クエン酸やマグネシウム、亜鉛、カルシウムなどの成分を含んでいます。生殖活動で必要な精液の3割を占める液体で、精子に栄養を与えながら殺菌も行うことができると言われています。様々な要因から精子を守ることができる前立腺液は、射精のために精子が前立腺に移動してきた時に、前立腺液と混ざり精液となるのです。
簡単にいうと、前立腺は精液に必要不可欠な前立腺液を造りだし、射精のために精液を尿管に送る役割を行っているのでます。前立腺は、なくても生きていくことはできますが、生殖活動を行うためにはなくてはならない臓器といわれています。

 

また、前立腺は「排尿機能」にも関わっていると言われています。ただ、その働きや仕組みは、解明されてないことが多く“未知の臓器”と呼ばれているようです。

 

でもご安心ください。
そんな悩みを抱えている人にピッタリのサプリメントが今、話題に登っているのです。しかも病院で診察を受ける必要もありません!
そんな中高年にとって救世主のような成分。それが「ノコギリヤシ」なのです。

頻尿対策にはノコギリヤシ!ではどんな成分なのか?

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

ここ3年くらいで、一気に市場が拡大した「ノコギリヤシ」のサプリメント。

前立腺肥大症などの改善や予防の効果が高いと、排尿障害に悩む男性がこぞって購入しているといいます。
では、そもそも「ノコギリヤシ」とはどんなものなのでしょうか?

 

ノコギリヤシ(別名:ノコギリパルメット)は、高さ2〜4mほどになるヤシ科の植物で、アメリカ南西部の固有種です。大西洋岸平野からメキシコ湾岸低地に生育しています。ノコギリヤシの葉は、長さ1〜2mほどにまで成長し、幹と葉をつなぐ葉柄の部分には、細かく鋭い棘が生えているそうです。とても丈夫で長寿な植物で、中には樹齢500〜700年と言われているものも存在しているといいます。

 

ノコギリヤシに実る果実は、オリーブ型の濃い赤色をしていて、昔から民間薬に活用されてきました。そして、そこから抽出されたノコギリヤシのエキスが、前立腺肥大・前立腺炎・薄毛などの予防や改善する効果があるのです。
日本では、まだサプリメントでしか活用されていないのですが、ヨーロッパでは前立腺肥大症や排尿障害などに処方される医薬品として取り扱われています。

 

そんな医薬品に活用されるほどの効果を生んでいるのは、ノコギリヤシの果実に含まれている脂溶性成分です。中でも、「β-シトステロール」や「オクタコサノール」は、加齢により分泌バランスの崩れてしまった、「ジヒドロテストステロン(男性ホルモン)」の働きを整える作用を持っています。ジヒドロテストステロンは、前立腺の肥大や薄毛に深い関わりがあり、その分泌量を抑えることができれば、それらの悩みの予防・改善につながるのです。また、ノコギリヤシには抗炎症作用もあるため、排尿障害に対しても効果をもたらす成分ともいわれています。

 

ノコギリヤシには、前立腺肥大症の原因の1つではないかと言われている、ジヒドロテストステロンの過剰分泌を抑える効果があります。
ジヒドロテストステロンは、5α-リダクターゼという酵素の力で、男性ホルモンであるテストステロンが変化したものです。ジヒドロテストステロンは、前立腺細胞を増殖させる働きを持っていて、前立腺を肥大させてしまうのです。ノコギリヤシを長期的に服用すると、ジヒドロテストステロンの分泌が抑制され続けるので、一度肥大してしまった前立腺を縮小させることもできます。
そのため、前立腺肥大症の予防・治療に効果的なのです。
また、ノコギリヤシにはもう1つ、繊維芽細胞増殖因子(b-FGF)という前立腺を肥大させる成分を抑制できるという研究結果も出ています。そして、前立腺炎に対しても有効な成分になっていて、炎症を引き起こす物質を合成するリポキシゲナーゼやシクロキシゲナーゼなどの酵素の働きを抑える力があるのだそうです。

 

このように、ノコギリヤシは前立腺に起こる問題に対し、予防や改善を行える様々な効果を持っているのです。しかも現在では、日本のメーカーが製造したサプリメントが数多く販売されているのです。でも、本当に効くのでしょうか? 次の項目で検証していくことにします。

ノコギリヤシサプリメントを実際に試してみました!

前立腺に起こる問題に対し、予防や改善をしてくる効果がある「ノコギリヤシ」。
でも、本当に効くのでしょうか?
というわけで、ここでは私のノコギリヤシ体験を紹介させていただきます。

 

************************************

 

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

「トイレが近い」「夜、トイレで目覚める」「そしてキレが悪い」-------- 。

 

情けない話ですが、この3つが55歳になって直面した、まさに大きなそして屈辱的な問題でした。同年代の仲間たちからも、こうした“シモ問題”はこれまでもちょくちょく呑みの席で出てはいたのですが、まさか自分に降りかかるとは思ってもいませんでした…。

 

今思えば、昔よりもトイレが近くなったり、夜中に目が覚めるケースも増えていたかもしれませんが、なにぶん歳をとった自分を認めなくないからなのか、冗談で「俺もついに歳をとったのかなぁ(苦笑)」と言ってはみてはいるものの、心のどこかで『いやいや、まだまだ全然大丈夫!』と思っていたりしたのです。

 

でも、この体の変化はちょっと笑えないぞ…と思い、いろいろと自分で中高年の尿トラブルについて調べてみることにしました。

 

すると驚愕の事実が発覚したのです!

 

なんと、こうした尿トラブルに悩んでいる中高年の男性がとにかく多いこと…。本当は皆、悩んでいるくせに全然言わないだけなんです。それを証拠に、ネットで検索するとこうした悩みを持った男性が、まぁ〜多いこと多いこと(苦笑)。

 

また、医学的にみても、加齢において尿トラブルは避けては通ることができないらしいんです。とくに「前立腺」のトラブルについては、中高年男性のほとんどが多かれ少なかれ見舞われるといいます。

 

内心、ホッとしました…。
自分だけ爺さんの仲間入りをしてしまったのではないかと思っていたのですが、それがほとんどの男性が直面する問題とわかったら、少し気が楽になったのです。

 

でも、尿トラブルを取り巻く状況を理解しただけで、根本的な問題の解決には至っていません。

 

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

そこでもう少し掘っていってみると、どうやら「ノコギリヤシ」という成分が、この尿トラブルに効くんだそうです。ノコギリヤシは、高さ2〜4mほどになるヤシ科の植物で、アメリカ南西部の固有種なんだそうです。もちろん、その実物を取り寄せて処方するわけではなく、サプリメントとして、いろいろなメーカー(しかも日本も!)から出ているんだそうです。

 

そこで、私が選んだのは小林製薬の『ノコギリヤシEX』というサプリメントです。
選んだ理由は、初回限定に限り30%OFFの1,890円(30日分)で購入できるという点。1カ月分が1,890円だったら、1日ぶんは約63円ほどです。これならダメージも少ないと思い、早速購入を決めました。

 

結果ですが、飲み始めて2週間くらい経ってからでしょうか。
まず、「夜、トイレで目覚める」ということがなくなったのです!
最初は仕事が忙しくて疲れているだけだろう、と思っていましたが、これが数日続くようになりました。

 

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

また、「トイレが近い」という感覚がいつの間にかなくなっていました。

趣味の映画も、途中でトイレに行きたくなるだけで、没頭できなくなります。そんなことは重々承知していますから、当然、上映前にトイレを済ませておきますし、なんなら上映中はあまり水分をとらないようにしていました。

 

なのに、トイレに行きたくなるのです…。
でもこの感覚もいつしか消えたのです!

 

残るは「キレの悪さ問題」だけですが、これについてはまだ実感ができているレベルではありませんので、引き続き飲んでいこうと思っています。でも、夜、目が覚めなくなっただけで、朝の目覚めがこんなに快適だとは思いませんでした。これはとても嬉しい結果です。

 

現在、2カ月目に突入したところです。
早速追加注文した商品が自宅に届きました。このサプリメントは自分に合っているような気がするので、今後の動向も、引き続き当サイトでお伝えしていきますね。

最近売れている「ノコギリヤシ」サプリ、ベスト5!

様々な尿トラブルに効果があるとされている「ノコギリヤシ」のサプリメント。
このノコギリヤシのサプリメントは、最近急速に人気がではじめ、市場が一気に拡大しました。そのため、ノコギリヤシをネットで探してみると、思ったより種類が多いのに気づきます。となると、いったいどれが良いのか迷ってしまいますよね…。

 

そこでこのコーナーでは、現在市販されているノコギリヤシのサプリの中から、オススメの商品を5つピックアップしてみました! 是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

第1位:ノコギリヤシPURE(メディカルイニシア株式会社)

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

海外で前立腺肥大症の医薬品と認められているノコギリヤシエキスを、100%カプセルに詰め込んだ『ノコギリヤシPURE』。1日の摂取量の2粒を飲めば、472mgのノコギリヤスエキスを体内に取り入れることができるそうです。この数字は業界トップクラスで、かなりの効果が期待できます。

 

また、サプリメントでありながら、製薬会社で決められている厳しい管理基準を守り製造を行っているのも嬉しいですよね。日本泌尿器科学会の専門医と唯一提携し、製造されているノコギリヤシのサプリメントなので、安心感も強く継続的愛用者が多いサプリメントのようです。

 

今ならワンコインキャンペーン中なので、1カ月ぶんがたった500円で手に入るのも魅力です。体に合わない場合や、症状の改善がみられない時は、1カ月からでも解約が可能です。こんなお得で効果抜群なサプリは超オススメです!

 

《定期購入(初回)》
ノコギリヤシPURE 500円・(ワンコインキャンペーン)⇒約30日分(60粒入り)
《摂取方法》
1日2粒

 

>>>ノコギリヤシPURE(メディカルイニシア株式会社)公式サイト

 

第2位:ノコギリヤシ+セサミンE(サントリー)

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

サントリーが販売する『ノコギリヤシ+セサミンE』は、キレがない、夜中に何度も目が覚めるなど、排尿障害の悩みをスッキリして欲しいという思いで作られたそうです。たった3粒でノコギリヤシの1日推奨量320mgを摂取することができるのも、人気の秘密のようです。

 

ノコギリヤシ+セサミンEは、ノコギリヤシだけだはなく、セサミンとビタミンEが配合されたサプリメントです。この2つの成分は、若々しさを保つ効果を持っています。とくに、ゴマに含まれているセサミンは、サントリーが約30年間こだわり研究を続けている健康成分なのです。

 

また、本場フロリダに担当者が赴き、ノコギリヤシの品質チェックも行うほどの徹底ぶりです。自然に生えているものを使用しているので、良質なエキスを抽出することができます。さらにノコギリヤシをサプリへと加工する段階で、成分のパワーを落とさないよう、酸化を抑えることができる「超臨界抽出法」を活用。『ノコギリヤシ+セサミンE』を試した人ことのある人の約90%が、継続して飲み続けたいという感想を持ったというのもうなづけます。

 

定期購入にすれば、最初の1回目は10%OFFの4,680円。しかも、送料無料で購入できるというお得感も魅力です! 一時休止や配達日時の指定などもできるので、自分に合ったペースで飲むことができますよ。

 

《定期購入価格》
ノコギリヤシ+セサミンE 4,680円⇒約30日分(90粒入り)
《摂取方法》
1日3粒

 

>>>ノコギリヤシ+セサミンE(サントリー)公式サイト

 

第3位:ユラン・ケアEX(サン・クラルテ製薬)

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

製薬会社であるサン・クラルテから販売されているノコギリヤシサプリメント『ユラン・ケアEX』。WHOが規定する医療製造の有料製造工程実施基準「GMO」をクリアした工場で『ユラン・ケアEX』は製造されているそうです。

その品質へのこだわりは、さすが製薬会社。不良品の出荷を未然に防ぎ、安全で高品質なサプリを私達の手元に届けられる工夫が行われているんだそうです。

 

『ユラン・ケアEX』は、ノコギリヤシエキス配合量480mgとトップクラス。それに加え健康をサポートする6種類の天然成分も入っています。その天然成分中でも亜鉛酵母のノコギリヤシへのアシスト能力は高く、相乗効果で前立腺疾患の治療・予防ができる成分なのです。

 

金額は他のものよりも少し高価ですが、絶対に安心して服用ができるノコギリヤシサプリメントになっています。試してみれば、その値段もうなづける高品質を実感できますよ!

 

《定期購入価格》
ユラン・ケアEX 8,460円⇒1か月分(180粒入り)
《摂取方法》
1日6粒

 

>>>ユラン・ケアEX(サン・クラルテ製薬)公式サイト

 

第4位:ノコギリヤシEX(小林製薬)

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

大手製薬会社である小林製薬が手がける『ノコギリヤシEX』。ノコギリヤシを使用したサプリメントの中で、売り上げNO.1を誇っています。その人気の秘密は3つあります。

 

1つ目は、ノコギリヤシにプラスαで配合されている水利通快源とトマトリコピン。中国で昔から健康成分として活用されていた水利通快源と、高い抗酸化力を持つトマトリコピンは、健康を害する様々な要素を取り除く働きがあるそうです。

 

2つ目は、安心安全の高品質。体の中に入ってくるものだからこそ、成分や管理にはこだわりたいものですよね。その点に関して『ノコギリヤシEX』は、日本で定められた基準を守る製薬会社である小林製薬。疑う余地なしです。

 

最後は、何よりもその低価格。このノコギリヤシの配合量で、通常価格2,700円という値段は群を抜いています!定期購入なら初回半額のなんと1,350円。その後も10%OFFの2,430円で購入し続けられます。まだ一度もノコギリヤスサプリメントを使ったことがない人が、自分に合っているのか確かめるのにうってつけのサプリです。

 

《初回定期購入》
ノコギリヤシEX 1,350円⇒約30日分(60粒)
《摂取方法》
1日2粒

 

>>>ノコギリヤシEX(小林製薬)公式サイト

 

第5位:クレアギニンEX(健康生活研究社)

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

排尿の悩みを解決しながら、健康面のサポートも欠かさない。1粒で2役をこなすのが、この『クレギニンEX』です。ノコギリヤシエキスをはじめ、29種類の成分を多種調合し完成したサプリメントです。

 

ノコギリヤシエキスの含有量は、たった2粒で他製品と比較しても高く、400mg配合されています。また、『クレギニンEX』で絶対にはずせないのは29種類の成分。注目は、すいかを煮詰めて作ったスイカ糖に含まれるL-シリトロン。冷え症の予防やむくみの改善、肩こりの軽減などの効果が高く、とくにダイエット効果が期待されています。そのため、若い世代からも人気があり、需要の高いノコギリヤシエキスサプリになっているようです。

 

今なら、毎月300名様限定で70%OFFの1,980円で購入が可能です。飲む量も1日2粒とお手軽です。始めるなら早いにこしたことはありません!

 

 

《初回限定商品の価格》
クレギニンEX 1,980円⇒約30日分(60粒)
《摂取方法》
1日2粒

 

>>>クレアギニンEX(健康生活研究社)公式サイト

頻尿対策をしている「ノコギリヤシ」サプリ利用者の口コミを調べてみました!

さて、すでにノコギリヤシを利用している人たちはどんな感想を持っているのでしょう? 検索してみると、思ったよりも多くの人がノコギリヤシを使った経験があるようです。ここではノコギリヤシを服用している人の口コミを紹介していきますね。

 

ノコギリヤスの良い口コミ@
75歳でも効果を感じることができました!
60代の頃にトイレに関する悩みが出始めたのですが、とうとう75歳になって我慢できなくなりました。尿がでるまでに時間がかかるのです…。悩んだ末、友人に聞いていたノコギリヤシを始め、なんと3カ月で悩みは解決!驚きの効果ですよ。

 

ノコギリヤシの良い口コミA
トイレに行く回数が格段に減りました!
たくさんは出ないのに、我慢できないような尿意に襲われ、1時間ほどの会議でもトイレを我慢できるかいつも不安…。でも、ノコギリヤシを飲んでからそんな心配もありません。今では、悩んでいた時期が嘘のように完治しました!

 

ノコギリヤスの良い口コミB
亜鉛と一緒に飲んでいたら、前より効果上がったような気が…
飲み始めの2カ月で結構な効果はでていたのですが、亜鉛と一緒に飲むと良いとの情報をゲット。そして、試してみたら大正解です。4カ月目には、20代に戻ったと思うほど正常なのです!ちょっと言い過ぎですかね(笑)。

 

ノコギリヤシの悪い口コミ@
つい食前のサプリと一緒に飲んでしまいます…
他のサプリも服用しているのですが、ついつい食前に飲んでしまうのです。今まで副作用は出たことがありませんが、他の口コミとか見ていたらダメだと書いてあったし、心配になっています。今の所、何も悪い効果は出ていませんが…。

 

ノコギリヤスの悪い口コミA
日本でも医療薬に認定されればいいのに…
海外では、前立腺肥大症の治療薬になっているのに、まだ日本ではサプリメント扱いです。だから結構高い値段を出さなければならない…。私はノコギリヤシのおかげで症状も治ったし、手放したくないのですが…(涙)。安くなってほしい!

「ノコギリヤシ」の副作用ってあるの?

ノコギリヤシは自然由来の成分で、副作用がほとんどありません。
そのため、ヨーロッパの泌尿器科医にとても好評なのですが、調べてみると副作用がまったくないというわけではないようです。
口コミなどを見ていても、中には体に合わなかった人もいるようで、ここではそんな副作用らしき症状を紹介していきますね。

 

@吐き気、嘔吐
吐き気や嘔吐を引き起こすような成分は配合されていないのですが、「食前に服用した時に気分が悪くなった」「規定量だったのに吐き気がした」などの口コミがありました。この症状は、ホルモンバランスが急に変わることなどで起こることもあるようです。

 

A胃痛・腹痛
こちらも食前などの空腹時にノコギリヤシを摂取すると、起こることがあるようです。ノコギリヤシは、脂溶性の有効成分を大量に含んでいます。そのため、脂質を豊富に含んでいるので、胃もたれを起こしやすいようです。でもこれは、空腹時を避けて摂取すれば解消されます。また、そのような症状が出た時は、服用を中止して経過を観察するようにしたほうがいいようです。

 

B便秘・下痢
便秘や下痢に関しても、そのような症状をもたらす成分は入っていません。ただ、ホルモンバランスの変化により、排泄リズムが変わってしまうことがあるようです。規定量を守っていてもなることがあるようなので、症状が出た場合は服用を中止したほうがいいようです。

 

頻尿対策のための「ノコギリヤシ」の正しい飲み方とは?

頻尿,対策,治療,病気,直る,体験談

ネットで調べると、ノコギリヤシは飲み方やタイミングによって効果に違いが現れるようです。でも、どうせ飲むのなら、効果が高いほうがいいですよね。

というわけで、ここではノコギリヤシのオススメの飲み方やタイミング、そしてテクニックを紹介していきます。

 

ノコギリヤシは、ヨーロッパで行われた数々の臨床検査で、前立腺関連の病気を改善する効果が認められました。その臨床検査の結果によると、1回量160rを朝晩の2回に分け摂取したほうが効果が高かったそうです。さらに効果を上げるためには、消化酵素の分泌量が最も多い、食後30分以内にノコギリヤシを摂取するのも良いようです。

 

ただし、この飲み方やタイミングを守れなかったり、忘れてしまったからといっても効果がないわけはありません。ノコギリヤシは、絶対に1日2回にわけて飲まなければならないわけではありませんので、そんなに神経質になる必要はありません。1日の標準摂取量の320mgを飲んでいれば、効果は表れるはずなので心配は無用です。

 

また、飲むのを忘れた時の応急措置を紹介しておきます。
それは、就寝前にノコギリヤシを摂取する方法です。男性ホルモンは、睡眠時間に1番多く分泌されますので、就寝中に有効成分を吸収できるようにすれば、おのずと効果は高まるのです。

 

いかがでしたでしょうか?
中高年のほとんどがその症状に直面する可能性がある『尿トラブル』。でもそれは、「ノコギリヤシ」というサプリメントで解消されるのです。
『尿トレブル』でお悩みの方は、ぜひ一度、ノコギリヤシを試して見ることをオススメします!